祖先あれこれ


 この資料は、私(南條順一)が小学校四年より高等科卒業ま 
での、冬休み夏休みを利用して本家の手伝いをした時、伯父  
(南條直吉)と共にざこ場への往復する道中で、大八車を挟み 
何回となく聞いたものです。                
何分にも古い事で、姓名や場所等に於いて諸兄と異なった所が 
あると思いますが、よろしく訂正して下さい。        
今の若い人達には関係ないの一言で片付けられる感じがします。
私達の祖先が如何様にして歩み、今日私達があると云う事実、 
その歴史を知っていただきたいのです。           



系図


次 後

お願い:この話の登場人物や事柄をご存じの方がおられましたら、ご一報お願いします。
ご注意:この文章の複写・転載はご遠慮下さい。