「 エビスの奇跡 」

メールのやりとり

上 林 春 生 様  先日,東京の品川に宿を取りました,と言うのはなじみの居酒屋が有るから です,表通りを一筋入った所にその店は有ります。 最近は,ライトアップなどの夜間撮影が多く,明るい内に仕事が終わる,と言 うのがなかったのですが,今日は早く上がり黄昏時の町を(ウイスキー色の町 ?),良い物ですねこんな時間帯に町を歩けるのは。  6時半頃と早い時間であったので客も少なくカウンターの端に座りました。 まずは瓶ビール,お通しは小鯵の南蛮漬け,これはさっぱりしてお通しとして は合格,俄に覚えた注ぎ方でしっかり泡を立てグビリと,うまいなぁ。  さてと,品書きを見ると有りましたねいつもの一品が,海鞘(ホヤ)です。 その香りを糊の効いた浴衣のニオイと表現した作家がいたけど,夏の物ですな。 刺しでなく二杯酢で出てきます,海鞘は酢が一番です。 それと刺身はまぐろの中トロというのが有ったけれど,最後の一品を考えて〆 鯖刺しと行こう。  焼き物は鮎かイワナやっぱりイワナでしょう,イワナの炭火焼きこれ,串に 刺し備長炭の遠火で焼いている,ビールで海鞘と〆鯖をいただき,イワナが焼 けるまで,島らっきょうの塩漬け,それに烏賊わたの溜まり付けと,ここで日 本酒,一杯目は吟醸酒,静岡の「喜久酔」久しぶりの吟醸香。良い香りほんの り甘く旨口ですっきりしている,これに島らっきょう,塩漬けなので,甘酢漬 けの「らっきょう」よりあっさりしていて,吟醸酒によく合う,烏賊わたの溜 まり付けは,濃厚な中にもほんのり甘さもある,これがらっきょうとも合いイ ワナが焼けるまでの時間がつぶせる。  日本酒の二杯目は,福島の「あけぼの」吟醸ではないが腰のしっかりした純 米酒,イワナにレモン汁を掛け皮ごと囓る,淡泊な中にも芳醇な香りがある, 瞬く間に頭と骨だけになった,ほんのり酔ってきた。  締めは「まぐろ茶」,中トロのさしみを注文せず,〆鯖を頼んだのは,これ が食べたかった為です。 「まぐろ茶」とは,まぐろの赤身が熱いご飯に乗っていて,生臭さを消すため に大葉を細かく刻んだのと,白ごまが掛かっていて山葵が付いている,これに 熱いだしを掛けさらさらといただく,山葵と大葉がつんと刺激を与えて本当に うまい,ここで最後にサービスで岩のりの入った赤だしが出てきた,締めくく りにちょうど良い。  「ああ旨かった!」  一人居酒屋で過ごすのには結構なれたし居酒屋とは一人で来るところでは無 いかと最近思うようになった,自分を見つめ直すにはちょうど良い時間だと, ただの呑兵衛がほざいとります。                            森 蔭
 森 蔭 元 一  様 「居酒屋」とあるから,ルノアールの映画「居酒屋」と思いましたが,品川の 「居酒屋」赤のれん,赤ちょうちん,のれんをくぐりゃ割烹着の女性がにっこ りほほ笑み,くるりとこちらを振り返り,一言。  スタンドに座ろうする貴兄がビールと言う少し前に,「いらっしゃい」と振 り返りざまに言うのですが,貴兄は「・・しゃい」とまだ言っている最中に「 ビール」と言ってしまって,振り返る割烹着の白い肩越しに「まあ。お兄さん ,話の腰をおるなんて」とやんわり怒られています。    「ビール」と言ったことは言ったのですが,ただのビールでは割烹着に軽く 見られてしまいそうだと思って,「エビス」と,言わなくてもいいことを付け 加えます。「ここはシナガワ」だと向こうにいるフーテンのトラが小さく言っ ているのを無視し,貴兄はスタンドの椅子の座りごこちを確認します。    エビスの入った瓶の水滴を拭きながら割烹着から出た白くて細い手がカウン ターに置かれ,大きめのコップに注がれるのですが,もっと上から勢いよく入 れてくれと言うような意味合いのことを,関西人特有の関東なまりで言うもの ですから,おかしくって。    向こうを向いてイワナを焼く板前が,人知れず,くっくっくっと泣いている のか笑っているのか。「まあ,おにいさんたら,泡立てて入れるなんて,通だ わね」といいますよきっとこの割烹着の女性はビールの本当の注ぎかたを知っ ているのでした。    どうせ,慶応大のあの「手鏡使い」のようなひとから聞いていたのに違い有 りません。ですから,この客もひょっとすれば,「手鏡」と同様の人種かもね えと板前にめくばせしています。    それを知らない貴兄は「・・通だわね」のひとことから,思わず立ち上がり ,直も上から瓶エビスを注いでいるのですが,たまに手元が狂い,エビスがコ ップの外側へ出ています。「おっと」と言いながら,瓶のコントロールをする のですが,今度は反対側にエビスがこぼれています。    貴兄の前のカウンターはエビスの洪水となり,海鞘も思わず生き返り,ほや 泳ぎでエビスを漂い始めます。貴兄の目の前で起こるこの風変わりな様子を見 ていた向かいのフーテンのトラは「こりゃ奇跡だ」と言い,割烹着は奇跡にエ ビスをくっつけて「エビスの奇跡」と命名します。    しかし,貴兄は風流なものを喰っては飲みしていると将来は通風か糖尿をわ ずらうと言うものだ。私は大概自宅で飲みますが,アサヒビールに大粒ピーナ ッツです。ピーナッツはもうほんとうに飽きているのですが,嫁はんはあいつ はピーナッツが大の好物,と思い込んでいるためにこう言う結果になります。    『ああ旨かった!!』そりゃ旨いでしょ。自分だけ存分に喰って飲んで,あ あ旨かったはない。------------でした。                            上 林


渓釣写真倶楽部