ヒット&リリース
[ フックレス・フライでヒット&リリースの提案 ]


キャッチ&リリースなら知ってると思っている人は、多いかも知れません。 「ヒット&リリース」聞き慣れない言葉でしょう、私が作った造語です。 読んで字のごとく、ヒットした瞬間にリリース。 そんな事?何で?? そうなんです、毛針に針がない、、アホか〜っと皆さんの声が聞こえて来ますね。 「フックレス・フライ」これで、魚と遊ぼうと言う事なのです。 「フックレス・ドライフライ」をポイントに流す、アマゴがバシャと食いに出る。 でもあわせてはいけません、自然に送り込む。 吐き出さないので少しはやり取り出来るかもしれませんよ。 魚を傷つける事もなく、また、キャッチした魚の大きさを自慢する事もしない。 本当の自然との一体感! なんてすっきりした気分。 どうです皆さん、今持っているF・Fのタックルがすべて使えますよ、、 勿論、専用のタックルも良いですね。 ロッドは、キャスティングだけの理想的なアクションを追求するのも良いでしょう。 ティペットは極力細く、フライは自然な食感の追求。 考えただけで楽しいでしょう。 どうです、今日から「ヒット&リリース」で、ひと味違った釣らない釣りの体験は。 キャッチ&リリースを実行しているアングラーならすぐに理解出来ると思います。 バードウォッチングに近い自然との接し方、「ヒット&リリース」。

森 蔭 元 一



渓釣写真倶楽部