--- ミノルタリール FR101 ---



大阪のフライ・ルアーショップの「ランドロック」より、ミノルタのリール

それも30年程昔の物が見つかったとの連絡が入りました。半信半疑で駆

けつけると箱に製造元 株式会社菱備製作所と書いて有る、これは今のリ

ョービなのか、解らないまま品番を見るとミノルタFR−101とある、

ミノルタSRT−101は知っているがこれはカメラの事あのカメラのミ

ノルタ製なのか謎は深まるばかりであった。早速ミノルタに電話をすると

昔リョービさんにダイキャストのカメラボデーを依頼していて提携関係に

あった、しかしミノルタブランドのリールは知らない、もしあるとすれば

、なにか記念に作ったか販促用に作ったのでは無いかと言う返事であった

。リョービに電話をする、確かに1973年までは、菱備製作所と名乗っ

ていて、ミノルタブランドで30年程前にリールを生産していたとの返事

が有りました。やはりリョービ製であった、一つ謎は解けたが何故ミノル

タなのかこれはどうしても解らない、しかしこのリール保存状態がとても

良くまるで新品、今完成したのではと思う程綺麗である。それに製品の完

成度がとても高く、ダイキャストの仕上がり、塗装の感じ、メッキ処理に

至っては完璧で30年も経った物とは到底信じられない、解説書、組立部

品図、それに保証書もある、リールオイルもそのままである。箱は当時流

行の銀紙に透明塗料の印刷で、これも少し擦れているが保存は良い。これ

からこのリールの写真や説明図などを表示しますが、みなさんもタイムト

ンネルから飛び出してきた様なこのリールを楽しんで下さい。     


このリールについて「知っているよ」と言うかたは是非お知らせ下さい。

1997年9月26日     森 蔭 元 一 




問い合わせ先  トラウトオンリー「ランドロック」